ランキングはアンチエイジングのために必見!美容液でウキウキな肌へ

美肌におすすめ保湿成分

コスメティック

年代で変わる保湿ケア

年を重ねるにつれ、気になってくるのが乾燥肌です。乾燥肌がひどくなると、肌の黒ずみやシワ、たるみに繋がるので早めのケアが大切になってきます。乾燥肌をケアするには、化粧水や美容液で水分を補う必要があります。その効果を高めるなら、化粧水の保湿成分にこだわってみましょう。化粧水には、さまざまな保湿成分が配合されています。それらの保湿成分には、効果的な年代があります。セラミドは、細胞と細胞の間を埋める成分です。多くの水分を蓄えることで肌の潤いを保ち、外からの刺激に強い肌を作り出しています。セラミドは表皮と呼ばれる、肌の表面に近い部分に存在しています。20歳を過ぎると、じょじょに減りはじめるのが特徴です。ですので、20代30代で肌の乾燥が気になったら、セラミド配合の化粧水を選ぶのがおすすめです。セラミドは表皮に存在するため、スキンケアで補いやすいというメリットもあります。保湿成分と言えば、ヒアルロン酸が有名です。ヒアルロン酸は表皮よりも奥深く、真皮と呼ばれる部分に存在する美容成分です。水分を保持する力がとても高く、たった1gで6000mlの水を抱え込むことができると言われています。ヒアルロン酸は40歳をすぎると、急激に減少スピードがアップします。ですので、40歳から乾燥肌がひどくなったら、ヒアルロン酸の摂取を意識して化粧水を選んでみましょう。ヒアルロン酸は真皮にまで届ける必要があります。ナノ化された化粧水を選べば浸透率をあげられるので、おすすめです。